目利きが大切!良い接骨院の選び方6つのポイント

腰痛というのは症状名であって、疾患名ではありません。

そのため、腰痛という意味の中には、「筋筋膜性腰痛」「腰椎椎間板ヘルニア」「腰椎分離症」「腰椎分離すべり症」などの疾患が含まれているのです。

これらは、”腰痛を引き起こす原因となる疾患”ということになります。

この腰痛を引き起こしているものがどのような疾患であっても、自力で治そうとする方は少ないと思います。

整形外科や接骨院、整体院やカイロプラクティックなどに通って改善を試みるという方が多いのではないでしょうか。

ところが、最近ではどこに行っても、接骨院や整骨院、整体院などの看板を見かけるようになり、一体どこを選べば良いのかわからないということもありますよね。

自分の身体を触って治療を行ってもらう以上、適当に決めて通い始めた結果、腰痛が悪化してしまった・・・なんてことは避けたいものです

そこで今回は、良い接骨院の選び方5つのポイントをご紹介していきたいと思います。

 

【ポイント1】サッカー腰痛の治療に長けている先生がいるかどうか

サッカー中に腰に痛みを覚え、そこから治療してもらうことを目的として接骨院に行くのであれば、このポイントは必須とも言えます。

実際にサッカーの経験があったり、トレーナーとしてサッカーに関わっていた経験があったりと、サッカーのことを知っていて、かつ、サッカー腰痛の治療ができる先生でなくてはなりません。

トレーニング方法から怪我の種類、どのような身体の動きをするのか等、そのようなことがしっかりと分かっている先生であれば、安心して治療を任せることができますよね

どのような状況で怪我をしたのかをすぐに把握してくれますし、細かい状況や専門的なことも伝えやすくなります。

さらに、腰痛治療の後のアドバイスなどについても、サッカー腰痛に詳しい先生かそうではない先生かによって違いが出てしまいます。

的確なアドバイスをもらったり、ストレッチやトレーニング方法を教えてもらうためには、サッカー腰痛に関しての知識があるかどうかは重要になります。

もちろんスポーツ腰痛を専門にしている接骨院なら良いですし、その中でもサッカー腰痛の治療に長けている先生がいる接骨院を選ぶと、失敗も少なくなりますよね。

口コミもある程度参考に

口コミや、同じチーム内、部活内で評判の良い接骨院があれば、そちらに行ってみるというのも良い方法だと思います。

ただし、ネット上の口コミは匿名である以上、本当かどうかというのは怪しい部分もありますので、できれば周りの知り合いの情報を収集することをおすすめします。

 

【ポイント2】施術前後に、しっかりとカウンセリングがあるかどうか

2つ目のポイントは、施術前後にしっかりとしたカウンセリングを行ってくれるかどうか、という点です。

「怪我をした理由とか話す必要があるだろうから、カウンセリングなんて当たり前でしょ?」と思っている方もおられると思います。

ですが、それが形式的なものであって、実際には状況を適当に聞いて、じゃあとりあえず施術を・・・というような院もないわけではありません。

施術が終わってからも、「このくらいでどう?」「じゃあまた来週ね!」というような感じでサラッと終わってしまい、アドバイスも施術の説明も何もないということになれば、不安ですよね。

痛みを取り除くための施術は当然だとしても、痛みの原因を突き止めたり、再発を予防するためにアドバイスをしてくれたりする先生かどうかというのは重要なポイントです。

施術前はもちろん、施術後にもしっかりとカウンセリングを行い、自分の施術に責任をもって対応してくれる先生を探すようにしましょう。

納得のいく説明があるかどうかもチェック

そして、カウンセリングをしっかりとしてくれる先生であっても、こちらの不安に対してまともに取り合ってくれない先生はNGです。

「はいはい、そんなのよくある話だから」なんて流されてしまっては、なんだかモヤモヤした状態のまま施術を受けることになりますよね。

納得がいくように説明してくれる先生かどうかという点も、あわせてチェックしてみることが大切です。

 

【ポイント3】納得のいく治療方針を提示してくれるかどうか

いくらしっかりと施術前後のカウンセリングを行ってくれる先生でも、治療方針の説明がない場合には不安になるだけですよね。

・どのくらいの回数(期間)の施術が必要で
・どのような施術を行い
・その後はどうすればいいのか

これらのことをしっかりと、そして納得がいくように説明してくれる先生かどうかという点にも注目してください。

説明を受けている時に、先生が専門用語を多様しないかどうかということも注意したいですね。

いくら先生が一生懸命に説明してくれていたとしても、専門用語ばかりの説明になっていて、肝心の治療を受ける側が「?」状態では意味がありません。

わかりやすい言葉で納得のいく説明をし、治療方針をしっかりと提示してくれるかどうかという点も、大きなポイントです。

 

【ポイント4】ホームページが公開されており、情報が豊富にあるかどうか

最近では、どのような業種であっても、ホームページがあることが当たり前のようになっていますよね。

お店を探す時や予約をする時、情報収集をする時など、ホームページを探してネットで済ませるということが多いと思います。

接骨院もまた、ホームページを公開しているところが多く、営業時間や定休日、患者様の声、施術内容、実際の施術中の風景など掲載しています。

ホームページを見てみて、どのような印象を持ったのか、情報量は豊富にあるかどうか、広告だらけになっていないかどうか等をチェックしてみてください

よくある質問や、スタッフの紹介、料金や院内風景などが充実しているホームページであれば、ある程度信頼できるかと思います。

料金もチェック

この時、施術料金をチェックし、○○分○○円というような時間制になっていないかどうかも確認してみてください。

大体の場合、時間制となっているところは、あまり治療内容に期待できないと言われています。

また、時間制ではなくとも、料金がびっくりするほど高いというようなところも避けるようにしてくださいね。

 

【ポイント5】先生がたくさんいないかどうか

さて、疑問に感じる方も多くおられるかもしれませんが、先生がたくさん居る接骨院はおすすめできません。

「たくさん先生がいる接骨院のほうが画期的だし、大きいところなら安心できる」という方もおられると思います。

ですが、先生がたくさんいるということは、治療を行う中で担当が変わる可能性があるということです

そうなると、症状や腰痛の原因について、そして患者さん個人のことについて、引き継ぎされているとは言え、どこまで伝わっているのかわからない部分もありますよね。

もちろん、一度だけ担当の先生が変わるというくらいなら許容範囲かと思いますが、二度も三度も変わることがあるような接骨院は、NGです。

また、施術を行ってもらう際には1対1となることが多く、プライベートな話も出てくることがあるかと思います。

それを、毎回担当が変わる先生に対してペラペラと話すことができるという方は少ないのではないでしょうか。

先生がたくさんいるというのは良いように思えますが、実際に施術を受けることを考えると、不安要素となる部分もあるのですね

 

【ポイント6】先生との相性はいいかどうか

先生との相性が良いかどうかというのは、実はとても重要なポイントです。

いくら丁寧でわかりやすい説明をしてくれる先生であっても、自分と相性が悪いと感じてしまっては、施術に支障がでます。

「素晴らしい先生だとは分かっていても、なんとなく反りが合わない・・・」

そんな場合には、先生がおっしゃることを素直に聞き入れることができなかったり、アドバイスをもらってもなかなか実行してみようという気になれなかったりもします

そうなると、施術やその後に支障がでてしまいますし、なんといっても良い治療にはなりません。

そうならないようにするためにも、先生との相性はどうなのかという部分も、意識してみることが大切です。

接骨院と整骨院の違いとは?

ではここで、接骨院と整骨院の違いについてご説明しておきたいと思います。

接骨院と整骨院、どちらも似たような名前ですが、結論から言えば”どちらも同じ”です。

接骨院も整骨院も、「柔道整復師」という国家資格を取得している方でなくては開業することができません

この2つの院では、骨折や脱臼、打撲、捻挫、肉離れなど、主に怪我の治療を行ってもらうことができます。

つまり、しっかりと勉強をして知識と技術があり、国家資格を取得している方が居るところなので、安心して通うことができる場所だということです。

そして、接骨院も整骨院も、治療範囲や内容、保険の取り扱いや保険内治療の費用が異なることがありません。

どちらも保険証を使うことができますし、労災や事故などでもかかることができるようになっています。

「ほねつぎ」「柔道整復院」などの名前も、この接骨院や整骨院と同じです。

名前のイメージから、流行りは整骨院?!

接骨院も整骨院も違いはないのですが、名前のイメージからか、流行りは整骨院という流れになっているようです。

接骨院と聞くと昔からあるところというような感じがしますが、整骨院と聞くと新しいような、なんとなく骨を整えてくれるイメージでわかりやすいという印象があるのではないでしょうか。

ですが、実は整骨院という名称は、法律的には認められていません

ただ、接骨院よりも整骨院のほうが、治療内容などのイメージがつきやすいということから、法律的にではないにせよ、各都道府県によって認められているようです。

いずれにせよ、接骨院、整骨院のどちらに通ったとしても受けられる治療に違いはありませんし、国家資格をもった方が施術を行ってくれますので、安心してくださいね。

まとめ

接骨院は、柔道整復師という国家資格がなくては開業できないとご説明しました。

そのため、知識と技術があり、しっかりと勉強されてきた先生に診てもらうことができるという点で、とても安心です。

ただ、接骨院を選ぶ際には、上記のようなポイントに注目して慎重に選ぶようにしてくださいね。

適当に選んでしまって、後からサッカーができないような状態まで悪化してしまう可能性もゼロではありません。

自分と先生の相性も大切に、自分にピッタリの接骨院を探してみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です